owner_banner

FC塾のオーナーになるとは?

転職時の心構えを教えてください

私自身、転職時に「塾経営に自分自身を『適応』させられるか」について果てしなく自問自答しました。自分の能力や適性だけでなく、家族の理解にはじまり、前職への対応、経験、希望地、収入、出費、タイミング、など……ありとあらゆることを考えて、覚悟を持って決断しました。是非とも並々ならぬ覚悟を持って始めてください。覚悟の強さこそが成功のカギだと私は思います。

2014年3月 開校

これから塾オーナーになろうとする人へのメッセージをお願いします

「情熱だけでは無理」ということです。 もちろん情熱は必要だと思いますが、それだけでやっていける程、甘くはないです。プラスアルファが必要です。教育経験はそんなに重要ではないと思います。 塾オーナーになれば経営者としての運営力や決断力、トップ営業マンとしての営業力、当然講師としての指導力や吸引力も求められますし、時には講師達をまとめる中間管理職的な能力も必要になってきます。 このような様々な能力を駆使し、なおかつ、常に目配りと気配りを欠かかさず、あらゆる場面で機転を利かせることのできる柔軟さが大切です。

教育者としてのメッセージをお願いします

講師(学生アルバイト)の中にはまだまだ大人になりきれていない者もいます。オーナーは、生徒だけでなく、時には講師にとっての良き先生であり、良き道しるべにならなければなりません。 また、保護者の方々にも常に適切な進路指導を提供する必要があります。 最も大切なことは、教育者として常に学習し続けていくこと、努力し続けていくことではないでしょうか。

本部から一言

もちろん、新しく塾オーナーになろうとお考えの方の中には、「そんなに大変なの!?」「進路指導と言われてもわからないよ!?」と思われる方もおられると思います。 確かに、塾経営は決して簡単ではありません。しかし、非常に特殊な能力を有する困難な職業でもありません。いわゆる信用商売なので、誠実にきちんと長い間続けることが「信用」→「成功」につながります。必要な知識は本部がお伝えしますのでご安心ください。思い切って飛び込むだけの喜びや価値のある職業なのは間違いありません。

コーチ学習塾代表 下津

FC開校までの経緯

なぜ自前の看板ではなく、FCを選択されたのでしょうか?

「雇われない生き方」を意識しだしてから独立やFC加盟を考えはじめました。 雇われていた時代を否定するわけではありませんが、未来形で自分の一生を考えたときに、自分らしく生きていける方法はFC加盟だと考えました。 自分の能力を客観視したときに、「誰の指導を受けることもなくやってはいけない」と考えました。キャリア、知識、信念を有する方々のサポートが必要だと。 失敗が許されない転身であるから、自分にとって未知数な領域に飛び込むにあたっては、道しるべが必要だったんです。

コーチ学習塾との出会いを教えてください

二年間で10社ほどの塾FCの案内を受けました。その中でコーチを選んだ理由は、教育理念・経営理念に賛同したことと、ITを多用しない対面式の指導スタイルが気に入ったためです。代表の下津さんと年齢が近いことも理由のひとつでした。準備を進めていく上でのスピード感もマッチしていました。諸費用が妥当で投資や経費が抑えられたことも大きな理由のひとつです。 もちろん、他の塾からも見習うべき点はありました。それらも吸収しつつ、でも選べるのは一つだけなので……。 コーチの下津代表と最初にお会いしてから1か月もたたない内に加盟を決めました。 もちろん戸惑いはありましたよ。どこに加盟するにも戸惑いは必ずあると思います。ただ、コーチは他と比べて「戸惑いの量」が圧倒的に少なかったですね。

現在の教室の強みを教えてください

あまり他の塾とは比較したくはありません。 他の塾のチラシや噂で入ってくる情報を参考にはしますが、この教室として発揮できるパフォーマンスを求めていきたいです。 もし比較するのなら、昨日よりも今日、本年度よりも来年度を比較します。自分自身と向きあうことが重要ではないでしょうか。「一勝は完勝にあらず、一敗は完敗にあらず」が私の座右の銘です。

これからの目標を教えてください

地域で愛される塾、町のスーパースターになりたいですね。 選ばれるための備えとして常に高品質をキープしておきたいです。あとは、認知度です。「塾ならコーチ」と言われるような「存在感」をもっともっと確立していきたいです。 将来的には、チラシなどの広告費を使わず、口コミや主婦ネットワークだけで生徒が集まるような安定成長が理想です。

再度、FCオーナーを考える方へのメッセージをお願いします

やはりお金の問題は大事です。気持ちだけではやっていけないですからね。転職時の蓄えがどれだけあるかとか、最初は赤字であるとか、借入、周囲の援助、等々……。「何とかなる」って考えは捨ててください。収入がこれだけになるだろう……というような楽観的な考えを持たず。最悪の想定でも生活をしていける余裕をもった資金繰りができれば理想だと思います。対して最初は得るものは少ないかもしれません。だけど、辛抱強く、信念を持って取り組むことが大事だと私は考えています。私の教室自体も、まだまだこれからの発展途上の立場ですが、これから塾オーナーになる方々のお役に少しでも立つなら嬉しく思います。

1970年生まれ 西口オーナー

本部から一言

西口オーナーとの出会いは私ども本部にとっても非常に価値があり有意義な出会いでした。 西口オーナーは非常に独創性に富み、サタデースクールやイブニングスクールなど独自で新しい取り組みにも挑戦しておられます。 西口オーナーの教室は、とても将来有望で期待のできる教室です。きっとたくさんの子供たちの笑顔を作り出すことでしょう。 コーチ学習塾では、什器や看板、チラシやテキストまで、全て本部で斡旋させて頂きますが、オーナー様のお好みや独自ルートでのご購入でもOKです。指導スタイルなども地域の特性や各オーナー様の裁量で微調整や追加していただくことが可能です。 枠にとらわれ過ぎず、お互い切磋琢磨して更なる高みを目指し一緒に成長・発展していければと考えております。